CDプレーヤーのDAC化 – ARCAM FMJ CD23編(モチベーションと概要)

Audio

@tako2takoです。ジャンク品のCDプレイヤーを入手して、そのDAC部分を使ってUSB DACとして復活させるという大人の遊び(?)をしています。

恐らく誰もやっていないであろう、ARCAMのCDプレーヤーをUSB DACに改造する試みについて記載します。

もったいないとかそういう突っ込みはなしでお願いします( ^ω^)・・・
むしろ昔のCDプレーヤーの音質でAmazonMusic HD聞くとか、ロマンありませんか?

なぜARCAM FMJ CD23 をDAC化するのか?

dCSと共同開発した「Ring DAC」を搭載する、CDプレーヤーだからです。

dCSとは、DACやCDプレーヤーの開発で有名なハイエンドオーディオメーカーです。

株式会社太陽インターナショナル | 製品情報 | dCS | Vvivaldi DAC
株式会社太陽インターナショナルのサイトです。Jeff Rowland、Avalon Acoustics、dCS、Nagra、Brinkmann Audio、Rockport Technologies、Cardas Audioなど世界のハイエンド・オーディオを取り扱う輸入オーディオ商社です。

最新のモデルだと300万以上はします。

dCSのDACの売りは、「Ring DAC」と呼ばれる独自のディスクリートDACです。
PCMデータをマルチビットのΔΣ信号に変換し、この信号を用いてフリッププロップのアレイをOn/OffさせることでDA変換をします。

似たようなことをしているメーカーでいうと、

なんかが有名です。

いまオーディオ業界で話題の「ディスクリートDAC」の基本形を作った

伝説のメーカーなんだ。

で、なんと ARCAM FMJ CD23 はこの方式のDACを搭載した数少ないCDプレーヤーなんです!
これがなんとジャンクで10000円切っていたわけで…捕獲の上改造してしまいました。

7700円の満身創痍のARCAMくん

最終的にこうなりました。

USBDACにされてしまったARCAMくん

手順

一言でいえば、

USBDDC基板からのI2S出力を、DACチップに入力してあげるだけです

USBDDC基板とは、USB経由でPCの音をI2S信号に変換できるものです。類似品がたくさんあるので、ぜひお好みのものを!(XMOS系もおすすめです)

やることを順番に並べるとこんな感じです。

  • (必要な場合)電気的故障の修理
    • 電源が入らない、ピックアップの動きがおかしい…など。
  • 回路図や仕様書をもとに、DACに入力する際のフォーマットを推定
    • I2S? Right Justified? それ以外…?
    • ARCAM FMJ CD23は、PCM1702向けの特殊なフォーマットにする必要がありました。
  • USBDDCからのI2S信号を、上記フォーマットへ変換・接続
    • FPGAを利用するのがおすすめです。
  • 基板の取り付けとケース加工

具体的な手順は別記事として紹介します。

その他必要なもの

  • はんだ付けに必要な工具

この記事を見ている人には説明不要かなと思いますので、省略します。

  • FPGAなどのロジック

述べたようにI2S信号を直接DACチップに入力できないためフォーマット変換に使います。FPGAを使うと楽なのでおすすめです。もちろんロジックICなどでディスクリートで組むのも可能です。

  • ジャンパワイヤなど(2.54mm ピッチのピンヘッダにつなげるもの)

買っておくと配線等が便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました