ASUS製モニター(PA27AC)を古いディスプレイとデイジーチェーン接続する時のメモ

TIPS

PA27AC(Thunderbolt搭載・デイジーチェーン接続対応モニタ)を、古いディスプレイ(EIZO EV2736)とデイジーチェーン接続しようとしたところ、ハマりました。
対処方法を発見したので、メモとして記載しておきます。

起きた問題

EIZO EV2736W (2014年発売)とデイジーチェーン接続を試みました。

Thunderbolt 出力(PA27AC)- Displayport入力(EV2736W)の接続は、こちらを使用しました。

こんな感じのシステムとなります。

この構成で、デフォルト設定のままだとPCが当ディスプレイ( EV2736W )を認識せず、映像がでませんでした。

解決方法

PA27ACの、Displayport設定をデフォルト値から変更します。

「System Setup – Displayport Stream」から、「DisplayPort V1.1」に指定します。

HDMI(DVI)接続も可能となった

EV2736にはDVI入力(HDCP対応)もあるため、こちらに接続した際も同様の問題が起きました。
具体的には以下のアダプターを用いて、2つ目のThunderbolt から HDMI化 → HDMI- DVI変換ケーブルを使って接続している状態です。

こんな感じのシステムとなります。

しかし、先ほどと同じくPA27AC側の設定変更をすることで、こちらもデイジーチェーン接続ができるようになりました。

さいごに

無事デイジーチェーン接続ができるようになりました。
もちろん、起動中にノートPCからThunderboltを抜き差ししても大丈夫です。

周辺機器との接続がこれ一本!

Thunderbolt一本つなげば、ノートPCの充電・外部マウス・キーボード・デュアルディスプレイすべてが動作する状態になり、すっきり&快適です!
このようにちょっと癖はありますが、2021年12月現在、Thunderbolt搭載のデイジーチェーン接続対応ディスプレイとしては最安レベルなので、おススメです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました