最高のマッコリを求めて – 福順都家マッコリ編

マッコリ大好き @yawa2tako です。

今日は高級マッコリをお取り寄せしてみたのでレビューします。

(回し者とかではないです)

マッコリの分類

簡単にマッコリを2つの切り口で分類してみます。目的は今回買ったマッコリが国内ではだいぶ珍しいタイプであることを説明したいからです。

生か?

  • 生マッコリ

お米を原料に作られた加熱されていないマッコリ。乳酸菌が生きています。

したがって時間の変化とともに発酵が進み酸味が増していくので、賞味期限が短いです。

発酵によりガスが発生するので、炭酸が抜けるように特殊なペットボトルに入っていることが多いと思います。

  • (生じゃない)マッコリ

乳酸菌が加熱殺菌されたマッコリ。

賞味期限が長く、味の変化が生じません。

普通の炭酸飲料と変わらない扱いでよいはずですから、取り扱いも神経質にならなくてよいです。スーパーやコンビニにあるマッコリはほとんどこちらのタイプなはずです。

人工甘味料が入っているか?

要するにわざと甘くしているかどうかですね。

  • 甘味料使用
  • 甘味料不使用

人工甘味料として用いられる「アステルパーム」等は、あまり健康にはよくないという意見もあります。

具体的にはどれがどれ?

よくコンビニ/スーパーで売っている「ソウルマッコリ」「にっこりマッコリ」「JINROマッコリ」などは「甘味料使用」の「(生でない)マッコリ」です。

麹醇堂マッコリ」は、以下の2種類があります。

  • 「甘味料使用」の「生マッコリ」
  • 「甘味料不使用」の「(生でない)マッコリ」

国内の醸造所が作るマッコリも、「甘味料不使用」で「生でないタイプ」が多いですね。

「甘味料不使用」の「生マッコリ」は、通販で取り寄せできるものの中でも非常に少ないです。

福順都家マッコリ買ってみた

福順都家(ボクスンドガ)マッコリは、「甘味料不使用」の「生マッコリ」になります。一番流通しにくいタイプだと思いますので、価格が高いのもうなづけます。

購入方法

ボクスンドガマッコリ公式サイト からしか購入できないようです。

1本 1800円 (税別)で 最低2本から購入なので、(1800円 × 2 + 送料)× tax となります。
大体5000円弱ぐらいにはなりますね。

やってきた

おぉ…なんかカッコいいぞ。説明書も入ってる…

(ただのペットボトルなんですけど)麻紐っぽいのでまかれていて、特別な飲み物感が演出されています。

開封!ぶっふぉぉぉぉおおお!!!

いやホント、これがやばかったです。

イメージ的には、「メントスコーラ」レベル( ^ω^)・・・

なので説明書にある以下の注意書きが非常に重要です。

実際別紙で注意喚起するぺら紙も入ってました。

ボクスンドガ 福順都家 ソンマッコリを、開ける際には特別な配慮が必要です。

* 低温発酵中にできた天然の炭酸によって、マッコリが自然に混ざります。

* 45度に傾けて、ゆっくり栓を開けてください。

* 炭酸によってマッコリが混ざるのを目で確認しながら、

 開け閉めを3~5回ゆっくり繰り返し、

 炭酸が適度に抜けてから、お召し上がりください。

ボクスンドガ(福順都家)説明書

私はあまりの勢いにテンパってしまい2回の開栓中2回とも床をびちゃびちゃにしてしまいましたとさ。

届いた次の日には飲みましたので、発酵の進み具合としては比較的初期段階でのレビューです。

コンビニのマッコリをイメージしていると、かな~~~りすっぱいです(笑)

以下と比較してみてもレベルが違います。

うーんこれはかなり好みが分かれそう…

マッコリ好きな私は酸味も含めてマッコリの魅力だと思っていますのでかなり好みです。しかしこの酸味が気になってしまう人も多いと思いますから、万人にはおススメできません

非常に濃厚かつさわやかな風味が口いっぱいに広がります。甘さは甘味料の入っているマッコリと同レベル。高級なマッコリを飲んでいるという実感は確実に味わえます。
酸味の強さも、焼肉やステーキによく合います。

おいしすぎてがぶがぶ飲んでしまいましたが、あまり悪酔いしない点もポイント。
実際2、3日で2本 = 2L弱 飲んでしまいましたが、特に2日酔いのような症状はありませんでした。

(私は同量のワインを飲むと確実に二日酔いする体質です…)

まとめ

  • 福順都家(ボクスンドガ)マッコリは、甘味料無添加の生マッコリです。
  • 酸味の強さにより好みは分かれると思いますが、強いうまみを感じられます。
  • わざわざお取り寄せしてまでマッコリを飲みたい人なら、きっと満足できると思います。

あとは開けるときマジで気を付けてね…以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました